プロペシアは女性の薄毛にも使えるの?

男の髪

薄毛治療に効果的だと言われるプロペシアですが、女性の薄毛に使えるのか気になっている人も多いでしょう。
まず、結論からですが、女性の薄毛にプロペシアは使えません。

プロペシアは、男性ホルモンのプロゲステロンが、5αリダクターゼと結合してできるジヒドロテストステロンを抑制する働きを持っています。
この悪玉男性ホルモンの抑制が、薄毛の治療に使われる理由です。
そして、女性が使えない理由は、男性ホルモンの抑制が行われることに影響を受けます。
万が一、妊娠の計画がある女性や妊娠している女性が、プロペシアを使うと胎児にも影響を及ぼすリスクがあります。

おなかの赤ちゃんが男の子の場合、男性ホルモンが抑制されて生殖器が育ちにくい環境になってしまうでしょう。
生殖器が形成できなかったり、正常な発育が難しい状態になったりするので、女性はプロペシアを使えないと注意喚起されています。

実際に医薬品として服薬するプロペシアの添付文書にも、重要な基本注意として掲載しています。
他の注意点として、同居している男性が使用するプロペシアに触れることも避けることが必要です。
砕けたプロペシアの断片でも、体に吸収する可能性があり、同じデメリットの可能性があるでしょう。
ローションのように皮膚につけるものでも同様です。成分が体に吸収されると、影響を受けてしまうのがデメリットです。

医薬品名はプロペシアですが、有効成分名はフィナステリドなので、このいずれも女性の育毛には使わないように注意しましょう。
男性の薄毛治療には有効なプロペシアは、女性には使えないものと考えてください。
しかし、女性が薄毛対策で使える方法は、他にもたくさんあるのでシャンプーなどの活用もお薦めです。

スキンケアなどこまめなケアが得意な女性は、医薬品を使用しなくても薄毛のケアを継続しやすい傾向が見られます。
即効性に期待できなくても、改善の可能性は十分にあると考えて構いません。

女性の薄毛はシャンプー方法の改善で治る可能性が!

女性の薄毛にはプロペシアは使えないですが、女性の薄毛は男性ほど重症化しないので簡単なケアでボリュームが復活することが多いです。
例えばシャンプーの方法を変えるだけで髪が以前のボリュームに戻ったという話は少なくありません。
育毛用のシャンプーに変えて二度洗いをすれば頭皮の汚れを綺麗に除去できますし、皮脂やホコリを落とすには予洗いが効果的です。
洗浄力の強すぎるシャンプーを使い続けると、頭皮を乾燥させて抜け毛を招くので注意してください。

プロペシアが使える男性と比べても、女性の薄毛を治すのは難しくありません。
男性のAGAは脱毛酵素をブロックしていく必要があり、これが非常に難しいので発毛効果を得られにくいわけです。
女性はもともと男性ホルモンの分泌が少ないので薄毛になりにくい上に改善するのが容易です。
頭皮が硬くなっているなら洗髪前に頭皮マッサージをしてほぐしておくと、血行を促進して発毛を促すことができます。
シャンプーをするときは力を入れずに優しく行うのが基本で、泡が多いほど毛穴内部の汚れまでしっかりと除去できます。

薄毛を予防する基本はシャンプーにあるので、使用するシャンプー選びも大切です。
合わないものは頭皮を荒らしてしまうので、いろいろと使い比べて頭皮に合ったものを選んでください。
ヒリヒリしたりギトギトが残ったりするものは合わないので、洗い上がりがよくて保湿できるものを選びましょう。
相性のよいシャンプーを使用すると肌質が安定して抜け毛が減少しますし、頭皮に弾力性が生まれるのも実感できます。
抜け毛が増えて困っている方は合わないシャンプーを使用している可能性が高いので、特に高級アルコール系を使用している方はアミノ酸系に変えてみましょう。