頭皮のかゆみは何故起こるのか

男の頭皮

頭皮のかゆみは何故起こるのかは人それぞれです。
しかし、主な原因としてはシャンプーのしすぎなどによる乾燥やパーマやカラーリングによる頭皮ダメージ、酸化した皮脂が刺激物質へと変化してしまったためにおきている炎症や雑菌によるものが有名です。
また、頭皮のかゆみは皮膚トラブルによるものだけではなくカビやダニ、真菌が原因の病気の場合もあります。
自分で簡単に行える対策もありますがかゆみが続く場合には早めに医師に相談しましょう。

頭皮のかゆみを抑えたいのなら枕をまず清潔にするのもおすすめです。
皮膚ダニが増殖しすぎることで起きている場合には特に有効な方法です。
枕はもちろん頭皮や毛穴の清潔を保つためにはシャンプーが欠かせませんが、洗浄力の高いものは避け濡れた髪のまま寝ないことも大切です。
熱すぎるお湯を使ったり過度な洗髪は頭皮のバリア機能によりかえって皮脂を増やしてしまいます。
タオルドライをしっかりと行い8割ほどを目安にドライヤーで乾かしましょう。

皮脂が多いことでかゆみがでている場合には脂質の多い食生活やストレスが関わっています。
頭皮の状態を整えるにはバランスの良い食事をとり、しっかりと睡眠をとることが大事です。
ビタミン類は肌のターンオーバーを早めるほか炎症を抑える働きがあったり髪の育成にも良い栄養素です。
ビタミンは体内で生成できないものもありますので定期的に食事で取り入れる必要性があります。
レバーや魚介類、ヨーグルトなどに含まれていますので取り入れやすいものからはじめてみてはいかがでしょうか。

頭皮に潤いを与えたり、頭皮のかゆみを抑えるタイプのローションも一緒に利用するとより改善効果を高めることが出来ます。
ローションはドラッグストアなどで簡単に購入することが可能です。
市販薬を使用してもかゆみがおさまらない場合には病気が原因で発生している可能性もあります。
慢性化しやすいこともありますので症状が続く時には皮膚科医の診察を受けるようにして下さい。

ダニやカビが発生しにくい枕で頭皮のかゆみ対策!

1日の約1/3近くを頭皮と接している枕。
睡眠中のためそれほど意識してない人も多いかもしれませんが、枕による頭皮への影響は避けて通れません。
頭皮のかゆみ対策のひとつとして、枕の種類や衛生管理にこだわることも重要です。
枕にこだわることが何故頭皮のかゆみ対策になるのかというと、枕に発生したダニやカビ(真菌)は皮膚トラブルの原因となり、かゆみを引き起こすことにつながってしまうからです。
かゆみに悩まされるだけでなく、睡眠の質も落ちてしまいかねません。

かゆみ対策を実行する際、共通して言えることは清潔に保つことの大切さです。
装着してあるカバーやタオルをこまめに洗濯するよう心掛け、枕自体も日中は風通しのよい場所に置くようにします。
ダニやカビは湿気の多い場所を好むため、こうした手入れに加え、塗れた髪のまま寝てしまうことがないように注意しましょう。
寝汗をよくかく場合であれば、できるだけ天日干しをしたり、吸水性の高いタオルなどを敷いたりすることが適切です。
また、ダニは糞や死骸も皮膚トラブルの原因となるため、頻繁に掃除機をかけることも欠かせません。

また、枕自体を直接洗うことができれば、対策として非常に効果的です。
丸洗い可能なものも販売されているので、買い替えてみるのもいいでしょう。
無添加の洗濯洗剤を使用すれば、肌への刺激を抑えることも期待できます。
さらに徹底したいのであれば、洗濯後に乾燥機を使用するのも良いでしょう。
洗うことができない場合は、通気性の高い素材を選んだり高密度のカバーやプロテクターを装着したりする対策が有効です。

そして、枕のみならず頭皮自体を清潔にしておくことがなにより求められます。
日々のケアと枕による対策を効果的に行い、かゆみの悩み解消を実現させましょう。